【楽天ペイの導入費用】決済手数料や導入方法

楽天ペイ 導入費用

日本マーケティングリサーチ機構で行われた調査の結果で、「導入してほしい決済サービス」「サポートが充実していると思う決済サービス」「安心感のある決済サービス」で1位になっているサービスが「楽天ペイ」です。

調査結果からも分かる通り、人気の決済サービスである楽天ペイ。

いくら人気と言っても、導入する前には導入にかかる費用、決済手数料、月額の費用など気になることがありますよね。

そこでこの記事では、楽天ペイとはどんなサービスなのか、導入や利用に関わる費用とあわせて解説します。

目次

楽天ペイとは?

楽天ペイは楽天市場で有名な楽天グループ株式会社が提供する決済サービスです。

楽天ペイは1つ導入するだけで、クレジットカード、電子マネー、QRコード決済に対応できます。楽天ペイ1つを導入するだけで複数の決済手段に対応できるため、売上の管理も楽で、店舗運営にかかわる手間を省くことができます。

【公式】楽天ペイ

\ インバウンド対応 /

✓導入費用0円
✓QR決済手数料全額キャッシュバック

楽天ペイで対応できる決済と決済手数料一覧

楽天ペイという名前ですが、楽天Payにしか対応にしか対応できないわけではありません。

楽天ペイを導入すると以下のサービスにすべて対応できるようになります。

クレジットカードの手数料は3.24~3.74%、電子マネーとQRコード決済は3.24%~3.74%となっています。

具体的には次のとおりです。

種別決済サービス例決済手数料
クレジットカードVISA・Mastercard・AMERICAN EXPRESS3.24%
JCB・Dinners、Discover3.74%
電子マネーSuica・PASMO・TOICA・manaca・ICOCAなど交通系IC3.24%
Apple Pay・iD・QUICPay、Edy、nanaco、WAON3.74%
QRコード楽天ペイ・au Pay・Alipay+・WeChat Payなど3.24%

豊富な決済手段に対応できることに加え、決済手数料はお店の規模や業種問わず業界最低水準となっているため、店舗運営への負担が抑えられます。

月額固定費やシステム利用料もありませんので、決済手数料以外は気にせず利用できます。

また、振込手数料も楽天銀行を利用する場合は無料かつ、翌月入金となっています。

一般的な決済手段では月に2回の入金サイクルであることが多いので、入金サイクルという面でも楽天ペイは優れています。

楽天ペイのメリットやデメリットについて更に詳しく知りたい方は以下の記事を参考にしてください。

【実店舗向け】楽天ペイのメリット・デメリット

楽天ペイの導入費用

月額固定費や振込手数料も無料で利用できる楽天ペイ、導入費用も気になるところですが、初期費用は以下のとおりです。

・契約手数料:0円
・カードリーダー:21,780円
・スマホ:持っているものでOK

上記が楽天ペイ導入にあたって準備しなければならないものです。

カードリーダーも比較的安価なので導入しやすいですが、実は今、楽天ペイは導入キャンペーン実施中

今なら21,780円の楽天ペイカードリーダーが無料。

期間限定のキャンペーンですので、申込みを検討している方はキャンペーン中の申込みがおすすめです。

【公式】楽天ペイ

\ インバウンド対応 /

✓導入費用0円
✓QR決済手数料全額キャッシュバック

楽天ペイ導入にあたって準備が必要なもの

カードリーダーとiPadまたはiPhoneが必須アイテムのAirペイですが、利用するにはインターネット通信環境も必要となります。

通信ができないと利用できなくなってしまいお客様に迷惑をかけてしまいますので、なるべく安定したネット回線を選ぶようにしましょう。

当サイトでは次の点から、exciteMEC光をおすすめしています。

・ポケットWiFiより、固定回線の方が通信が安定する点
・開通後12ヶ月は割引が適用される
・工事費が無料
・Wi-Fiルーターがもらえる

最初の12ヶ月は4,428円、13ヶ月目以降も比較的安く4,950円で利用できる光回線で通信速度、安定感ともに全く問題ありません。

最低利用期間もありませんので、店舗拡大にともなって移転することがあっても無駄な費用が発生することなく安心です。

\ 工事費・解約費無料 /

Wi-Fiルーター無料キャンペーンも実施中です!

楽天ペイの導入手順

いざ申込みをするとなったときに困らないように、簡単にAirペイの導入手順を紹介します。

STEP
申込み

まずは以下から楽天ペイに申込みます。

楽天ペイの申込みはこちら

必要な書類について予め確認しておきたい方は以下から確認してください。

申込み必要書類を確認する

STEP
加盟店審査

加盟店審査には2~3週間程度時間がかかりますので、申込みは早めにしておきましょう。

STEP
アプリ・カードリーダー入手

加盟店審査から1週間程度でカードリーダーとアプリが手元に届きます。

STEP
初期設定・利用開始

同封される説明書の通りに初期設定を完了すれば決済端末として利用できるようになります。

楽天ペイの導入に関してよくある質問

ここでは楽天ペイの導入に関してよくある質問に回答しています。

Airペイでレシートを発行したい場合はどうすればいいですか?

楽天ペイのカードリーダーではレシート発行はできないため、別途レシートプリンターを導入する必要があります。

コンパクトタイプだと以下

毎回レシート印刷が必要となる場合は、以下の据え置きタイプのほうが時間を短縮できるのでおすすめです。

スター精密
¥48,300 (2024/05/24 07:43時点 | Amazon調べ)
売上代金の入金サイクルを教えてください。

入金回数は利用口座によって異なり、以下のとおりです。

楽天銀行自動で翌日入金
上記以外の銀行入金依頼後翌日(振込手数料330円)
POS機能はありますか?

楽天ペイにはPOS機能はありませんが、スマレジ、Bionly、poscube、ポスタス、ユビレジなど主要なぽPOSレジサービスと連携ができます。

売上管理だけであれば楽天ペイアプリだけでも利用できます。

POSレジについて詳しく知りたい方は以下の無料DL資料がおすすめです。

POSレジの教科書

申込み・審査に必要な情報を教えてください。

業種や法人、個人によっても異なりますが、個人の飲食業の場合は以下が必要です。

■必要情報

・営業許可証
・代表者情報
・店舗情報
・口座情報
・店舗URL(あれば)

■必要書類
・本人確認書類

詳しくはこちらをご確認ください。

現在楽天ペイは0円導入キャンペーン実施中!

改めてAirペイの特徴をまとめると

・月額固定費、契約費用は0円
・決済手数料のみ負担(決済手数料は業界最低水準)
・クレジットカード、交通系IC、電子マネー、QRコードに楽天ペイ1つ導入すれば対応可

と、数ある決済サービスの中で人気の理由がわかる魅力が楽天ペイには詰まっています。

更に今なら、楽天ペイ導入時に必須となるカードリーダーが無料で手に入るキャンペーンを実施中です。キャンペーン中に申込みを完了し導入できれば初期費用が0円と自己負担ゼロでお店のキャッシュレス化が可能です。

この機会を逃さず、いまのうちに申込みしておきましょう。

【公式】楽天ペイ

\ インバウンド対応 /

✓導入費用0円
✓QR決済手数料全額キャッシュバック

ワンタップで保存できます
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次