STORES決済の評判からメリット・デメリットをまとめました

STORES決済 メリット

STORES株式会社が運営する「STORES(ストアーズ)決済(旧:Coiney)」はテレビCMが放送されていたこともあり人気の決済サービスですが、いざ自分が導入しようとおもったときにはメリットやデメリットを知った上で導入を決めたいという方も多いと思います。

この記事ではSTORES決済の機能や特徴からメリットをデメリットを紹介するとともに、当サイトで独自に収集したアンケートデータから、実際に利用している方の声もまとめました。

STORES決済の導入検討に役立ててください。

目次

STORES(ストアーズ)決済のデメリット

まずはSTORES決済のデメリットから紹介します。

売上合計金額が10万円未満の場合は振込手数料が発生

STORES決済は「自動入金」と「手動入金」と2つの入金方法があり、手動入金の場合は振込入金が10万円未満の場合は振込手数料が220円かかります。

手動入金の場合は月曜日の売上  火曜日より振込依頼可で2営業日以内に入金というサイクルになります。

一方自動入金の場合は、末締めの翌10日払いと月に1回の入金ですが手数料はかかりません。

手動入金
自動入金

キャッシュレス決済サービスの「Square」や「楽天ペイ」は翌日入金で振込手数料がかからないことを考えると、STORES決済の入金サイクルは優れているとは言えません。

決済サービスの導入において入金サイクルを重視する場合は、上記2つのサービスを選ぶのがおすすめです。

レシートが出力できない

STORES決済はカードリーダーのみの提供となっているので、決済端末だけでのレシート出力はできません。

レシートに対応する必要がある場合は、以下の機械が通販で手に入るので購入しておきましょう。

毎回レシート印刷が必要となる場合は、以下の据え置きタイプのほうが印刷が早く時間を短縮できるのでおすすめです。

スター精密
¥47,449 (2024/07/19 01:07時点 | Amazon調べ)

お客さんにメールアドレスを入力してもらうことで利用明細を送ることは可能ですが、手間を考えると現実的ではありません。明細書を必要とする場合はレシートプリンターを導入することをおすすめします。

Andoroidでは電子マネーに対応できない

STORES決済を導入するにはスマホやタブレットが必須ですが、Androidで導入すると電子マネーには対応できなくなります。

電子マネー以外の機能に関しても、STORES決済の機能をフルに利用できる機種は限られてしまいますので、STORES決済を利用する場合はiPhoneまたはiPadを利用するのがおすすめです。

対応機種一覧については以下からご確認ください。

STORES決済 対応機種一覧表

継続課金や回数券の支払いには対応不可

家賃や月会費といった、初回利用時のみのカード提示で、以後継続的に自動で料金を徴収する仕組みには対応していません。

また回数券払いなどの先払いにも対応していないので注意してください。

継続的課金に対応したい場合は、導入手数料無料、月会費無料で利用できる「Square」の導入がおすすめです。

Squareのメリット・デメリット

STORES(ストアーズ)決済のメリット

続いてSTORES決済のメリットから紹介します。

デメリットから紹介をはじめたので「STORES決済微妙そう・・」とおもった方もいるかもしれませんが、サポート品質等メリット・魅力も多いのがSTORES決済です。

電子マネーの決済手数料が安い

先ほどデメリットで「Androidでは電子マネーに対応できない」と紹介しましたが、iPhoneやiPadでは電子マネーに対応でき、決済手数料が1.98%と業界最安値です。

交通系電子マネーは多くの人が利用する決済方法ですので、この決済方法に対応しつつ決済手数料を抑えられることは、店舗運営にとってありがたいことだと思います。

このメリットを享受するためにも、STORES決済を導入する際にはiOS端末を利用しましょう。

分割払いに対応できる

STORES決済は2回払い、リボ払いに対応しているため、大きな金額の商品やサービスを扱う業種の場合は使いやすいです。

ただし対応可能なカードブランドはVisaかMasiterCardのみ、タッチ決済は1回払いのみの対応となるので注意が必要です。また美容形成の場合は分割払いに対応はできず、1回払いのみの対応となります。

サポートの対応が良い

STORES決済は電話サポートとメールでのサポートの2つのサポート体制が用意されていますが、どちらも評判がいいです。

当サイトで行ったSTORES決済ユーザー調査でも、「導入のサポートをしてくれた」といった声が上がっていました。

POSレジ・会計ソフトと連携できる

STORES決済 は、さまざまな業種に特化したPOSシステムや会計ソフトとかんたんに連携できます。

対応POSシステム

対応会計ソフト

POSシステムと連携して活用することで、お商売の効率化とサービス向上につながったり、会計システムと連動させることで売上データが自動で反映されるので、会計処理も簡単になり、本業にさく時間を確保することができます。

\ 手数料の低さで選ぶならこれ /

✓サポートの対応よし
✓導入費用0円

STORES利用者の口コミ

ここでは当サイトで行ったアンケートより、STORES利用者の導入決定理由や、満足している点を紹介します。

ショップAさん

STORES決済で魅力的に感じている要素、満足していることはなんですか?

対応決済が豊富、決済手数料が安い、導入費用が安い

導入する決め手となったことは?

初期費用、手数料が安かったから。

ショップBさん

STORES決済で魅力的に感じている要素、満足していることはなんですか?

対応決済が豊富、端末が操作しやすい、サポート体制が優れている、導入費用が安い、利用できるアプリ(POSレジ)などが優れいている

導入する決め手となったことは?

セールスの方が来てくれました。

STORES決済利用者の声からは「導入費用が安い」ことが共通していることがわかります。STORES決済は導入費用0円ではじめられる端末ですので、初期費用はなるべく抑えてキャッシュレス決済を導入したい方には最適といえます。

その他の口コミとして「サポート体制が優れている:こともわかりました。ショップにまで担当の方が来てくれるのは、直接使い方などを聞くことができるので安心して利用をはじめられますね。

まとめ STORES決済はこんな方におすすめ

STORES決済のメリットをデメリットを改めてまとめると次のとおりです。

上記からSTORES決済がおすすめの方は次のような方となります。

・翌日入金が不要な方
・分割払いされるような高額商材を扱っている方
・サポートが必要な形

自動では月に1回の入金ですので、このサイクルでは困るという方や、手動での振込手続きが面倒という方には不向きです。入金サイクルの早さを求める場合は翌日入金に対応、振込手数料も無料の「Square」がおすすめです。

キャッシュレス決済端末はサービスによってメリット・デメリットがありますので、優先すべきことを考えて選ぶようにしてください。

【公式】STORES決済

\ 交通系電子マネーの手数料が低い /

✓サポートの対応よし
✓導入費用0円
✓導入まで最短2日

ワンタップで保存できます
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次