ストアーズ決済の手数料は高い?導入費用や導入方法を解説

STORES決済 導入費用

キャッシュレス決済には様々な種類がありますが、TVCMも放送され人気を集めている決済端末がSTORES決済です。

STORES決済が人気である理由は次の2点にあります。

・導入コストの低さ
・サポート対応の良さ

この記事ではSTORES決済の導入費用や導入方法について詳しく解説します。

目次

STORES決済とは?

STORES決済はSTORES株式会社が提供する、キャッシュレス決済を店舗に導入するためのサービスです。

クレジットカードや電子マネーなど、様々な決済手段にSTORES決済1つを導入するだけで対応できるため、店舗側は管理が楽で手軽にキャッシュレス決済を導入できます。

手軽なサービスかつテレビCMでも放送されているため、導入する店舗は増加傾向にあり街でもよくみかける決済手段となっています。

【公式】STORES決済

\ 交通系電子マネーの手数料が低い /

✓サポートの対応よし
✓導入費用0円
✓導入まで最短2日

STORES決済導入で対応できる決済と決済手数料一覧

出典:STORES決済公式

STORES決済は主要なクレジットカード6種と交通系電子マネー、QRコードではWeChatPayに対応しているので、国内だけでなくインバウンドの方向けの決済サービスとしても利用できます。

日本で馴染み深いSUICAなどの交通系電子マネーに関しては、業界最低水準の1.98%で対応できるのが大きな魅力です。また「医療」「理容室・床屋」「クリーニング」でSTORES決済を利用する場合は、それぞれ以下の通りにクレジットカードの決済手数料が割り引かれます。

医療:3.24%→1.50%~
理容室・床屋:3.24%→2.48%〜
クリーニング:3.24%→2.48%〜

さらに高額な商品を扱う場合に便利な「分割払い」にも対応しているのもSTORES決済の大きな魅力となっています。
※美容形成の場合は分割払いに非対応

また月額固定費も無料となっているので、決済手数料のみで利用できるのも嬉しい点です。ランニングコストを抑えたい方にもおすすめと言えます。

【公式】STORES決済

\ 交通系電子マネーの手数料が低い /

✓サポートの対応よし
✓導入費用0円
✓導入まで最短2日

STORES決済の導入費用

月額の固定費や振込手数料が無料なので、決済手数料のみで利用できるSTORES決済。初期費用も抑えられれば嬉しいところですが、初期費用は以下のようになっています。

・カードリーダー:19,800円
・スマホまたはタブレット:加盟店で準備する必要あり

上記2点がSTORES決済導入にあたって準備しなければならないものです。iPadは50,000円程度で入手可能ですので合計すると70,000円程度が導入費用と考えれば問題ありません。

と、ここまでの紹介ですと意外と導入費用がかかってしまうな・・・と思うところですが、STORES決済では新規導入キャンペーンを現在実施中です!

なんとSTORES決済の利用に必須なカードリーダーが無料でプレゼント。はじめてSTORES決済を利用する方で審査に通過すればもらえます。期間限定でのキャンペーンですので、余裕をもって申し込みするようにしてください。


※複数申込みをした場合は新規申込みの1代目のみが対象となります。

STORES決済はiOS(iPhone、iPad)とAndroidいずれでも利用できますが、電子マネー決済に対応できるのはiOSのみです。電子マネーが利用できなくなってしまうと不便なことも多いので、なるべくiOSで導入するのがおすすめです。

STORES決済のキャンペーンの詳細や注意点を確認したい方は、以下の記事を参考にしてください。

STORES決済のキャンペーン

STORES決済導入にあたって準備が必要なもの

カードリーダーとスマホまたはタブレットが必須アイテムのSTORES決済ですが、利用するにはインターネット通信環境も必要となります。

通信ができないと利用できなくなってしまいお客様に迷惑をかけてしまいますので、なるべく安定したネット回線を選ぶようにしましょう。

当サイトでは次の点から、exciteMEC光をおすすめしています。

・ポケットWiFiより、固定回線の方が通信が安定する点
・開通後12ヶ月は割引が適用される
・工事費が無料
・Wi-Fiルーターがもらえる

最初の12ヶ月は4,428円、13ヶ月目以降も比較的安く4,950円で利用できる光回線で通信速度、安定感ともに全く問題ありません。

最低利用期間もありませんので、店舗拡大にともなって移転することがあっても無駄な費用が発生することなく安心です。

\ 工事費・解約費無料 /

Wi-Fiルーター無料キャンペーンも実施中です!

STORES決済の導入手順

いざ申込みをするとなったときに困らないように、簡単にSTORES決済の導入手順を紹介します。

STEP
申込み

まずは申込みフォームに情報を入力するだけです。

数分もあれば入力できる内容です。審査には数日かかりますので、早めに申込みは済ませておきましょう。

STEP
加盟店審査

申込時に入力した内容をおとに加盟店審査が行われます。

STEP
一次審査

お申込み日から最短翌2営業日で審査通過のメールがきます。

受信後からSTORES決済とSTORES請求書決済で「VISA」と「MasiterCard」の利用ができるようになります。

STEP
利用開始

二次審査を待たずにVISAとMasiterCardには対応できます。一次審査通過後に決済端末が購入できるようになります。

STEP
二次審査

一次審査通過後から最短翌5営業日で2次審査が行われます。

二次審査に通過すると「JCB」「AmericanExpress」「Dinners」「Discover」が追加され、1次審査と合わせて全6ブランドが利用できるようになります。

WeChatPayと電子マネーは別途申込みが必要です。管理画面から審査申込みができるので、加盟店審査通過後に申込みするようにしてください。

【公式】STORES決済

\ 交通系電子マネーの手数料が低い /

✓サポートの対応よし
✓導入費用0円
✓導入まで最短2日

STORES決済の導入に関してよくある質問

ここではSTORES決済の導入時によくある質問に回答しています。

STORES決済でレシートを発行したい場合はどうすればいいですか?

STORES決済のカードリーダーではレシート発行はできないため、別途レシートプリンターを導入する必要があります。

STORES決済が公式で販売している専用プリンターもありますが、Bluetooth通信に対応したタイプであればレシート印刷ができますので、コンパクトなモバイルタイプを自分で手配するほうが安価で導入ができます。

毎回レシート印刷が必要となる場合は、以下の据え置きタイプのほうが時間を短縮できるのでおすすめです。

スター精密
¥48,300 (2024/05/24 07:43時点 | Amazon調べ)
売上代金の入金サイクルを教えてください。

STORES決済は「自動入金」と「手動入金」と2つの入金方法があり、手動入金の場合は振込入金が10万円未満の場合は振込手数料が220円かかります。

手動入金の場合は月曜日の売上  火曜日より振込依頼可で2営業日以内に入金というサイクルになります。

一方自動入金の場合は、末締めの翌10日払いと月に1回の入金ですが手数料はかかりません。

解約するときにはお金がかかりますか?

解約にかかる費用はありません。カードリーダーも貸出ではありませんので、返送費用等も発生しません。

申込み・審査に必要な情報を教えてください。

STORES公式サイトで詳しく掲載されており、業種別に必要なものも異なりますので、詳細はこちらでご確認ください。

現在STORES決済は0円導入キャンペーン実施中!

改めてSTORES決済の特徴をまとめると

・月額固定費、契約費用は0円
・決済手数料のみ負担(電子マネー決済手数料は業界最低水準)

と、数ある決済サービスの中で人気の理由がわかる魅力がSTORES決済には詰まっています。

更に今なら、STORES決済導入時に必須となるカードリーダーが無料で手に入るキャンペーンを実施中です。キャンペーン中に申込みを完了し導入できれば初期費用が0円と自己負担ゼロでお店のキャッシュレス化が可能です。

この機会を逃さず、いまのうちに申込みしておきましょう。

【公式】STORES決済

\ 交通系電子マネーの手数料が低い /

✓サポートの対応よし
✓導入費用0円
✓導入まで最短2日

ワンタップで保存できます
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次